老舗がつくるカステラのこだわり

金閣かすてらの味の決め手であるカステラは、和菓子作り200年の歴史と経験をもとに、特別に【共立て卵黄重ね製法】で焼きあげ、濃厚でしっとりとした味わいです。

  • HOME
  • こだわりのカステラ

【金閣かすてら】のこだわり

くらべてください。【卵黄色】の生地が濃厚さの証です。

和菓子の王様といわれるカステラは、材料、製造方法とも実はとてもシンプルな和菓子です。ですから、カステラの善し悪しは、「素材」と「製造方法」で味が決まると言っても過言ではありません。金閣かすてらは「素材」と「製造方法」にこだわりつくられています。


卵黄色の生地は、さらに卵黄を重ねてできました。

金閣かすてらの材料はシンプルに、卵・砂糖・小麦粉・蜂蜜・水飴だけ。添加物は一切使用しておりません。そのため、素材の味がそのままカステラになるといっても過言ではありません。中でも、カステラの命とも言える【たまご】は、長崎産の【口福鶏】の新鮮なたまごを使用し、共立て卵黄重ね製法で仕上げています。卵黄色の生地がその証、濃厚でしっとりとした味わいを是非お楽しみください。

長崎産 口福鶏のたまご

口福鶏はヒナの段階から選別に選別を重ね、さらに特別飼育によって育てた鶏です。口福鶏は、通常の鶏より心穏やかで大変おとなしく、温和な性格をしております。心も体もストレスが少ない状態で産み落とされた極上の卵は、非常に味が濃く生卵が苦手な人でも食べることができるほどです。

こだわりの濃い卵黄

口福鶏の黄身は、特別に濃く、ネットリ感と甘味が非常に強い味となっています。白身は生でも臭みを全く感じさせず、白身を苦手とされる方でも安心して召し上がっていただけます。さらに卵には珍しく「熟成」をすることができる卵としても知られます。

雲仙島原の天然水で育った鶏

鶏は食べた飼料の栄養を卵に移行することができます。そこで、鶏に与える飼料に厳しい基準を設け、薬品などはいっさい使わず、大自然で生まれた素材を全国から選りすぐった、人が食しても安全安心で害がない飼料を、名水百選の地の恵み『雲仙島原の天然水』と共に与えて育てております。

しっとり濃厚なカステラは、
老舗の技術と経験でできました。

【共立て卵黄重ね】と【手作業の泡きり】

金閣かすてらは「共立て」(たまごの卵黄と白身を一緒に泡立てる)製法に、さらに重ねて卵黄のみを追加する、歴史と経験から生まれた独自製法でつくられた特別なカステラです。また、焼過程でカステラを窯からだし「あわきり」を人の手で行います。この手間が、カステラのしっとりとした口あたりを生み出します。

共立て卵黄重ね製法

金閣かすてらは「共立て」(たまごの卵黄と白身を一緒に泡立てる)製法に、重ねて卵黄のみをさらに追加する、歴史と経験から生まれた独自製法【共立て卵黄重ね製法】でつくられた特別なカステラです。共立ての後に卵黄のみを重ねることにより、一般的なカステラよりも濃厚な味となります。

手作業でのひと手間

金閣かすてらはカステラを焼いている間に、わざわざ窯からとりだして手作業で「あわきり」を行います。泡きりは、あたたまった生地を木べらで底の方から上下に円を描くようにかき混ぜる作業で、気泡の大きさを揃えることにより、カステラ独特のきめ細かな舌触りに仕上げます。

寝かせることがカステラのおいしさの秘訣

カステラは寝かせて初めて美味しくなります。(焼きたてが美味しいのはパンです。)十分に寝かせることにより、水分・糖分がなじみ均一になります。ザラメから甘さが浸透する糖分の「もどり」により、しっとり感が生まれます。